注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
32件

辻村深月の記事一覧

喪失感や心の傷にそっと寄り添う それが怪談なのだと思います―辻村深月インタビュー

 世間的な認識としては、辻村深月イコール「ミステリー作家」だろう。だが、実は大のホラー・怪談好きなのは知る人ぞ知る事実だ。 「私がホラーに出…

本読みのプロも絶賛! 直木賞作家・辻村深月、初の本格怪談短編『きのうの影踏み』発売

 怖いことは、きのうのうちに終わったはず… けれど明日また、その怖いところに行ってしまうかもしれない。  書くごとに作品の幅を広げ、進化し続…

綾辻行人・京極夏彦・辻村深月がキャラクター化!?『文豪ストレイドッグス』外伝で大活躍!

 累計170万部を突破し、アニメ化も決定した異能バトルアクションコミック『文豪ストレイドッグス』。その外伝として、綾辻行人・京極夏彦・辻村深…

原型師じゃなくてもフィギュアの仕事がしたい! 『ハケンアニメ!』スピンオフにあふれるフィギュア愛

『ハケンアニメ!』(辻村深月/マガジンハウス)  アニメ業界をリアルに描いたことで話題を呼び、2015年の本屋大賞にもノミネートされている辻…

聖地巡礼、声優、原画価値…アニメ「ファン」も「業界人」も納得! 業界まるわかりエンタメ

『ハケンアニメ!』(辻村深月/マガジンハウス)  「覇権アニメ」という言葉をご存知だろうか? アニメは基本的に3ヶ月=1クール(12話前後)…

「2015年本屋大賞」ノミネート10作品発表!

 大賞に選ばれればベストセラー化間違いなしとも言われる、「2015年本屋大賞」のノミネート作品が発表となった。  対象作品は、2013年12…

犯罪すら隠し通す?辻村深月が描く閉鎖的な田舎の実態
『水底フェスタ』(辻村深月)

 この前、中学まで3人しか同級生がいなかったという地方出身の男性と話す機会があった。自然に囲まれた村で生まれ育った彼の性格はおおらかで漂わせ…

「人には抜かないトゲがある」辻村深月×藤巻亮太対談

『太陽の坐る場所』(辻村深月/文藝春秋)  公開中の映画『太陽の坐る場所』の舞台は、原作者・辻村深月の故郷でもある山梨県。主題歌の『アメンボ…

「6年半のOL生活が、今も自分を支えている」辻村深月インタビュー

『ハケンアニメ!』(辻村深月:著、 CLAMP:イラスト/マガジンハウス)  2004年にメフィスト賞を受賞しデビューして以来、一作一作、深…

【ダ・ヴィンチ2014年10月号】目次をチェック!

●特集1 進撃の巨人が終わる日 ◎著者・諫山創に密着! ◎『進撃の巨人』にDNAを注入した5人のマンガ家たち 新井英樹/荒木飛呂彦/弐瓶 勉…

辻村深月がアニメ業界を描く! 『ハケンアニメ!』刊行記念サイン会

『ハケンアニメ!』(辻村深月 著 CLAMP 画/マガジンハウス)  2014年8月22日(金)に刊行される『ハケンアニメ!』(マガジンハウ…

人気作家・辻村深月が電子書籍体験! LaVie Tab Eでまず読んだのはあの大長編マンガ!

新刊は紙の本と電子書籍で同時発売。 そんなケースも多くなってきた昨今。電子書籍で楽しめる 本のジャンルもタイトルもどんどん増えている。 今回…

彼らが売れっ子作家になれた理由とは。作家志望者は読むべき1冊
『作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法』(阿川佐和子/KADOKAWA / 角川書店)

 作家になるには努力が必要。作家志望者は新人賞に応募したり、WEBで発表したり、出版社に持ち込んだりとさまざまなことを行う。作家になる道はい…

かつて中2だったすべての人に。あの頃が甦る痛みの物語
『オーダーメイド殺人クラブ』(辻村深月/集英社)

自我と自意識に雁字搦めになっている思春期まっただ中の中学2年生。まるでそんな年頃のような言動を、いい年してやってしまうようなことが< 中二病…

最新作が電子化! 辻村深月が描く、故郷の希望とは?
『島はぼくらと』(辻村深月/講談社)

私の家の隣の人は、のっぺらぼうだ。気配は感じるのだけど、どうしても顔は思い出せない。確か娘さんは最近までお母さんの腕に抱かれていた気がするの…

青春文学の旗手・辻村深月が描く、身の毛もよだつヒューマンホラー!
『ふちなしのかがみ』(辻村深月/KADOKAWA / 角川書店)

恐いもの見たさ。手で顔を覆いながらも、指の隙間からそっと覗いてしまうような感覚。見ちゃいけないのに、見たい。いけないことなのに、したい。読ん…

特集番外編1 2013年6月号

社会人の叫び、沁みました~…

「どこに行っても、何になってもいいんだよ!」友による救いの言葉
『ロードムービー』(辻村深月/講談社)

固定概念を上手く使って、読み手に「思い込み」をさせ、最後に突然種明かしをしてくるあたりが、遊び心があってとっても良かったです。…

非常に明確なコンセプトが気持ちよい、王道ジュブナイル
『サクラ咲く』(辻村深月/光文社)

検索やおすすめからコンテンツにたどり着くことが多い電子書籍で、果たしてジャンル分けにどれほどの意味があるかは疑問ですが、本書はライトノベルと…

連載作家インタビュー 辻村深月「ミステリではできないことを試したい」

 今年7月『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞を受賞し、さらなる活躍が期待されている辻村深月さんですが、『Mei(冥)』で彼女の新連載がス…

長澤まさみが会見で使った方言「ちんぷりかえる」って?

 上京して時間も経ち、標準語にすっかり慣れたつもりでいても、とっさの瞬間に、つい出ちゃう方言。お盆やお正月で帰郷して、方言にどっぷり浸かって…

10月映画公開の話題作! 本好きなら「観る前に読む!」異界から誰かを呼ぶ、使者の物語
『ツナグ』(辻村深月/新潮社)

亡くなってしまった人にどうしても会いたい。どうしてもその人にしかできない話をなんとかして伝えたい。不可能なことだ。普通は諦める。あるいは霊媒…

いじめられている君へ 辻村深月を読もう

 度重なるいじめ事件を受けて、朝日新聞の朝刊一面で連載されているコラム「いじめられている君へ」。7月28日には直木賞を受賞したばかりの辻村深…

祝・直木賞受賞! 平凡な人たちの「魔が差す瞬間」が身につまされる短編集
『鍵のない夢を見る』(辻村深月/文藝春秋)

7月17日、第147回直木賞の発表があった。受賞したのは辻村深月の短編集『鍵のない夢を見る』。青春小説や学園ミステリで人気だった著者が徐々に…

新作ラッシュ! 辻村深月『光待つ場所へ』サイン会

 6月5月に発売された『鍵のない夢を見る』が好評の辻村深月。6月2日に放送された『王様のブランチ』の文芸書ランキングでは2位に選ばれた。  …

大安某日の、結婚式の舞台裏。4組のカップルの運命やいかに!?
『本日は大安なり』(辻村深月/KADOKAWA / 角川書店)

個人的には、辻村作品のなかで2番目に好きな作品(1番は『凍りのくじら』)。 花嫁をこっそり交代してしまった、そっくり美人の双子姉妹。最初から…

注目の新刊 『サクラ咲く』 ダ・ヴィンチ2012年5月号

1年5組の塚原マチは、図書室で一冊の本を手に取った。パラパラとめくると本から一枚の紙が滑り落ちる。そこにはていねいな文字で「サクラチル」と書…

ニンテンドー3DS用ゲームソフト「NEWラブプラス」の中でカノジョと読書をしませんか?

ついに2月14日(火)にKONAMIから発売になるニンテンドー3DS用ゲームソフト「NEWラブプラス」!その中でカノジョと一緒に読書ができる…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ