注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
460件

雑学の記事一覧

「あきらめも心の養生」「こだわりは身を滅ぼす」――動物が教えてくれる、人生の秘訣! 奇才漫画家と生物オタクによる新しいビジネス書

『LIFE 人間が知らない生き方』 (麻生羽呂、篠原かをり/文響社)  あらゆる生物の中で、人間が一番優れていると思ってはいないだろうか? …

なぜ毎日コーヒーやエナジードリンクが飲みたくなる? 薬物としてのカフェインの真実に迫る

『カフェインの真実』(マリー・カーペンター:著、黒沢令子:訳/白揚社)  カフェインの覚醒作用を期待して、コーヒーやお茶を活用しているという…

「小物」と思われない「飲み会トラブル」対応術

 会社内や得意先との飲み会に憂鬱さを感じる人が最近多いようです。たしかに気を使いますし、下手なことをすれば説教がはじまってしまうかもしれない…

まるで「食事の処方箋」! 正しい栄養知識が、あなたを病気知らずのカラダにする!!

『カラダの悩みは食べ方で99%解決する クスリに頼らない食事術』(川端理香/ゴルフダイジェスト社)  テレビ、ネットでは、新しい健康知識が次…

海外では「カルピス」がNG? 有名企業や人気商品のネーミングの秘密とは?

『知っているようで知らない「ネーミング」の謎』(博学面白倶楽部/三笠書房)  私たちの身の回りを支える企業や商品。人間と同じく、それぞれには…

関東と関西では銭湯の湯船の位置が違う! 知って楽しい【くらべる東西】

『くらべる東西』(おかべ たかし:著、山出 高士:写真/東京書籍)  日本は東西に長く伸びる島国である。北海道から沖縄まで地域によってさまざ…

大切な人へのプレゼントに♪ 箱詰めまで楽しむ、和と洋のお菓子レシピ

『箱詰めおやつの贈りもの:お歳暮、暦菓子、イベント 手みやげ、持ち寄り、ギフトまで 詰めて楽しむ和と洋の菓子53品』(いづいさちこ/誠文堂新…

江戸時代、庶民は何を食べていた? 江戸っ子娘が作るほっこり飯【作ってみた】

『お江戸まかない帖 深川めし』(酒川郁子/ぶんか社)  現代では、和洋中、フレンチにイタリアン、インド料理やタイ料理など、世界各国の料理を食…

目指せ、全国お雑煮コンプリート!? 全国のお雑煮を集めた、お雑煮好きにオススメの一冊【作ってみた】

『お雑煮マニアックス』(粕谷浩子/プレジデント社)  お正月の定番メニュー、お雑煮。全国各地で具材や味付けが違うことは有名だが、どの地域のお…

犯罪者を「脳トレ」で更生? 行動をコントロールするのは「自分の意識」ではない? 私はどこまで私なのか―『あなたの知らない脳』

『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』(デイヴィッド・イーグルマン:著、大田直子:訳/早川書房) 「このところ自分のことがよくわからない…

京都で泊まるなら旅館? それともホテル? 京都に行く前に知っておくと得する50の知識 

『京都に行く前に知っておくと得する50の知識 初心者からリピーターまで、京都に行くならどっち!?』(柏井壽/ワニブックス)  日本国内の観光…

「あんこ」の始まりは魔除けだった?! 作り方や種類、歴史など、伝統的甘味の魅力をあますところなく解説

『あんこのことがすべてわかる本: つくる、食べる、もてなす』(芝崎本実:監修/誠文堂新光社)  日に日に寒さが増す中、小生はコンビニで「ぜん…

なぜ分数の割り算はひっくり返すのか? 数学ギライの人のためのやり直し講座

『なぜ分数の割り算はひっくり返すのか?』(板橋悟/主婦の友社)  突然だが、読者は「分数のわり算は、わる数をひっくり返して答えを求める」理由…

すみません、「ほぼほぼ」ってなんですか? 気づかずに使っているかもしれない「日本誤」

『「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語 (光文社新書)』(野口恵子/光文社)  先日、原稿を書いてメール添付で送信したら、若…

スーパームーンや流星群のひみつもわかる! Eテレ『サイエンスZERO』ナビゲーター・竹内薫が解説する宇宙の疑問

『誰かに教えたくなる宇宙のひみつ 理系親子になれる超入門』(竹内薫/徳間書店)  寒さが増す昨今だがその分、空気が澄み天体観測に適した季節に…

差別問題、権利者不明──。今では観られなくなったテレビアニメ・特撮の「封印作品」は、なぜ生まれたのか

『封印作品の謎 テレビアニメ・特撮編』(安藤健二/彩図社)  2016年11月現在、東京MXでは『ウルトラセブン』が再放送されている。同作品…

刃物で脅して求婚? 元死刑囚!? うさぎグッズ大好き! 東大で脳が保管されてる? 日本・世界の文豪たちの知られざる素顔!

『文豪図鑑 あの文豪の素顔がわかる』(開発社:編/自由国民社)  最近なにかと話題になっている「文豪」。そもそも文豪とは普通の小説家とは違う…

文系出身者がわくわくしてしまう「モテるやつはどんどんモテる」数式とは?

『とんでもなくおもしろい 仕事に役立つ数学』(西成活裕/KADOKAWA)  『とんでもなくおもしろい 仕事に役立つ数学』(西成活裕/KAD…

150年以上前の講義を味わう ファラデーが説くロウソクの科学と彼の人柄とは

『ロウソクの科学』(ファラデー:著、三石巌:訳/KADOKAWA)  読者は19世紀に活躍した科学者ファラデーをご存じだろうか。「ファラデー…

古市憲寿が12人の社会学者に「社会学ってなんですか?」を聞いてみた

『古市くん、社会学を学びなおしなさい!!』(古市憲寿/光文社)  「社会学」をご存じだろうか。社会学は知らなくても「パラサイト・シングル」や…

SNS疲れになりやすい人の特徴って? 子ども用入門書『ネットのルール』が「大人も読むべき!」と注目を集める

『学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール』(旺文社)  とあるTwitterユーザーが、インターネットの入門書『学校では教え…

「結核」は神格化された美の病? 文学からわかる、「病」のイメージの移り変わり

『病(やまい)短編小説集(平凡社ライブラリー)』(ヘミングウェイ、モームほか/平凡社)  いつの時代にも、小説や漫画、映画などのフィクション…

人間臭さは残酷さやドロドロを避けては描けない! ルネサンス絵画のあやしさまで味わう方法

『あやしいルネサンス』(池上英洋、深田麻里亜/東京美術)  15世紀から16世紀ごろにイタリアで生まれたルネサンス絵画は、人間らしさや個性の…

「赤羽」と「四条大宮」の共通点とは? “街歩きの達人”と不動産の達人による『もし京都が東京だったらマップ』が話題!

『もし京都が東京だったらマップ(イースト新書Q)』(岸本千佳/イースト・プレス)  2015年年末、京都で不動産業を営む岸本千佳さんが「もし…

イマドキのクマには昔の方法は効かない!? 出会ってからでは遅い! アイヌ直伝のクマから身を守る知識

『クマにあったらどうするか』(姉崎 等・片山龍峯/筑摩書房)  春の山菜採りや秋のキノコ狩りなどで山に入った人がクマに襲われたというニュース…

養殖うなぎ→スク水美女、牛→巨乳JK…擬人化PRが各所で炎上! 日本人はどうして擬人化好きなの? その起源とは?

『妖怪・憑依・擬人化の文化史』(伊藤慎吾/笠間書院)  日本人はどうして「擬人化」が好きなのだろう。11月に決選投票が行われる「ゆるキャラグ…

処女かどうかが分かる不思議な漢方薬って? 読むだけでストレス・不安によく効く、漢方おもしろエピソード

『ストレスに負けない心になる「人生の処方箋」読む漢方薬』(村上文崇/双葉社)  読む漢方薬ってなんだろう。しかも「ストレス・不安によく効きま…

コレを読めば、今からでも『真田丸』のクライマックスに間に合う! 複雑すぎる戦国時代が一瞬で理解できると大反響の戦国時代解説本【房野史典さんインタビュー後編】

「うっそ……?」「だよね~」といった感じで“現代語訳”された会話をする武将たち。地の文にセルフでツッコんだり、括弧書きの中ですっトボケたり。…

歴史本なのに年号がほぼ出てこない! ピース又吉も「するすると頭に入った」と大絶賛した『超現代語訳 戦国時代』【房野史典さんインタビュー前編】

年号と名称、出来事についてひたすら暗記しまくる……「日本史」に対するイメージはこんな感じだろうか。そんなこともあって、大人になっても歴史に苦…

日本語から漢字がなくなる可能性があった?! 前島密らが唱えた「漢字廃止論」

『日本人として知っておきたい 日本語150の秘密』(沢辺有司/彩図社)  日本国内で外国人を目にする機会は、年を追うごとに増えている。外国人…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ