第6回CMT CONNECTION 「電子出版が創るコンテンツの未来」開催

文芸・カルチャー

2013/2/6

 クリエイターを中心とした産学官交流団体のCMT CONNECTIONは、第6回CMT CONNECTIONとして「電子出版が創るコンテンツの未来」の開催を発表した。

 「電子出版が創るコンテンツの未来」は、これから大きな変化をむかえるであろう電子出版にフォーカスし、クリエイター、編集者、セルフパブリッシングプラットフォームのそれぞれの視点から語るイベント。今後の電子出版がおよぼす影響などを、クリエイターと編集者でパネルディスカッションする。

 ダ・ヴィンチ電子ナビでも連載しているITジャーナリストのまつもとあつし氏をパネリストとして、漫画家であり、絶版マンガなどの配信サイトを運営する「株式会社Jコミ」の代表取締役社長の赤松健氏や、「株式会社コルク」の代表取締役社長の佐渡島庸平氏が登壇する予定。

 さらに、パブー、ニコニコ静画、E★エブリスタといった電子出版プラットフォームの関係者も登壇し、クリエイターとセルフパブリッシングプラットフォームと今後の関係について語り合うという。イベントの最後には参加者と登壇者での交流会も実施するとのこと。

詳しい情報についてはこちらへ。

【第6回CMT CONNECTION 「電子出版が創るコンテンツの未来」概要】

日時 2013年2月27日(水)14:00~17:00(13:30開場)
会場 TKP東京駅ビジネスセンター1号館ホール3B(東京都中央区八重洲1-4-21 共同ビル3F)
主催 公益財団法人ユニジャパン(経済産業省 関東経済産業局 補助事業)
対象となる参加者 コンテンツクリエイター、プロデューサー 出版編集者、出版エージェント、出版業界関係者、イラストレーター、ライター(放送作家、シナリオライター、コミック原作者、絵本作家等) 等

当日のプログラム(予定)

主催者及び関東経済産業局挨拶

概況解説「デジタル化が及ぼすメディアとコンテンツの変化」
まつもとあつし(CMTコーディネーター、ジャーナリスト、プロデューサー)

「デジタル時代のクリエイターとエージェントはどのように協業するのか?」
パネリスト:赤松健(漫画家、株式会社Jコミ 代表取締役社長)
佐渡島庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)
モデレーター:まつもとあつし

電子出版プラットフォーム企業プレゼンテーション
パブー:吉田健吾(株式会社ブクログ 代表取締役社長)
ニコニコ静画:伴龍一郎(株式会社ドワンゴ ニコニコ事業本部 企画開発部部長)
E★エブリスタ:池上真之(株式会社エブリスタ 代表取締役社長)

交流会

参加費 無料(事前申込制)

定員 100名
申込方法 以下のURLの申込フォームに必要事項を記入して送信。
http://goo.gl/T1e9s