YouTubeの再生回数3500万回突破! 人気のブロガー兼YouTuberが教えるムダを省いて快適に生きる方法

暮らし

公開日:2021/8/15

「ムダ」の省き方 お金・時間・モノ・情報・逃げ方の現代流改善術
『「ムダ」の省き方 お金・時間・モノ・情報・逃げ方の現代流改善術』(トーマスガジェマガ/KADOKAWA)

 毎日多くのタスクをこなしているはずなのに、なぜか余裕そうに見える人。逆に、大して仕事も進んでいないのに、なぜか常に慌ただしい人……。同じ24時間を与えられているはずなのに、なぜこうも差が生まれるのか。余裕のない人が皆さぼっているかというと決してそんなことはなく、むしろ多くをこなしている人のほうが適度に息抜きをしていることも。どちらかを選べるなら、自分も余裕のある人になりたいと考えるのが普通だろう。

『「ムダ」の省き方 お金・時間・モノ・情報・逃げ方の現代流改善術』(トーマスガジェマガ/KADOKAWA)は、タイトル通り「ムダ」を省き、自分の人生を取り戻すための本。YouTubeチャンネルの総再生回数3500万回超えの人気ブロガー兼YouTuber・トーマスガジェマガさんの本で、彼が実際に心の安定と月収380万円を手に入れた方法を伝授してくれる。「お金」「時間」「健康」「物」「情報」「最適化」と序章の計7つの章で構成されており、自分に必要な情報を抜き出しやすいのもポイントだ。

advertisement

「時間」のムダをなくして効率化!

 たとえば、「時間」のムダの省き方。まず、日ごろから自分の時給を計算し、それを意識しながら生活することが大事だと書かれている。自分の時給以下の額で省けることはどんどん省き、自分の時間を確保する。そうすることで余裕が生まれ、その時間を未来への投資に使うことができる。これにはたとえば、デリバリーやタクシー、家事代行サービス、ロボット掃除機や食洗器の使用なども含まれる。費用対効果やバランスを考えながら適度に手を抜くことで、余裕のある生活を確保することができるのだ。

 また、「しない」決断をすることも大切。例えば洗濯物をたたむという行為。下着や靴下、タオルなどは種類ごとに分けて箱に放り込めばいいし、しわになって困るものはハンガーにかければいい。靴下など対になっているものは、すべて同じ色・柄で統一しておけば組み合わせを間違えることもない。たしかによく考えると、特に1人暮らしの場合は自分でたたんで自分で使うだけだ。どうせ何かするなら、もっと有意義なことに時間を使うほうがいいような気もする。

ムダなく必要な「情報」を集める!

 また、日ごろ目にしている「情報」にも、実はムダは潜んでいる。不要な情報にばかり気を取られていると、自分にとって重要な情報にたどり着けない。政治家や芸能人の不祥事や事件、事故などに詳しくなっても、多くの場合自分の人生は好転しない。言われてみれば当たり前だが、なんとなく「知っておかなきゃ」という気持ちに囚われてムダに時間を消費してしまう。このムダを省いて必要な情報を精査するだけでも、だいぶ余裕が生まれるはずだ。大きなニュースは自ら取りにいかなくても、大抵は勝手に目に入ってくるとのこと。

 こうしてムダな情報収集を削ったら、次は自分にとって必要な「今の自分の仕事に活用する情報」「将来の自分のやりたいことに繋がるかもしれない情報」の2つを手に入れる。これにはSNSが最も効率的、とある。中でもTwitterは、自分の守備範囲の情報をとても手軽に網羅することができる。フォローする相手によってタイムラインがガラッと変わるし、何より情報がとても早い。筆者もTwitterは毎日活用しているが、実際タイムラインを眺めているだけでその界隈の情報が把握でき、短時間で多くの気づきを得ることができる。

 上記で取り上げたのはほんの一部で、この『「ムダ」の省き方 お金・時間・モノ・情報・逃げ方の現代流改善術』にはまだまだムダを省き、人生の余裕、未来への投資の時間を生み出す方法が具体的かつ分かりやすく紹介されている。当たり前だと思っていることでも、それはただの思い込みで、実は必要ないかもしれない。今自分がしている行動は本当に必要なのか、自分でやる必要があることなのか、今後の人生のためにもひとつひとつ見直す必要がありそうだ。

文=月乃雫

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか