代表作が次々映画化。いまこそ読まれるべき早世の作家の純文学。まずは、綾野剛主演作品から3枚目/全3枚

小説・エッセイ

2014/3/12