読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪の哲学ノート

悪の哲学ノート

悪の哲学ノート

作家
中村雄二郎
出版社
岩波書店
発売日
1994-11-25
ISBN
9784000000611
amazonで購入する

悪の哲学ノート / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ndj.

「悪のトポイ・カタログ」として悪を5つの類型に分類し、氏曰く「一種の魅力を持った、あるべからざる、しかし現実的な現象」であるところの悪をベースに『悪しき造物主』『マクベス』『アポカリプス論─現代人は愛しうるか』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』(主に大審問官)『白痴』を読み解いていくというなんとも野心的な試み。あらすじをなぞる程度の大味な論考だが、ここを起点に広がる世界は膨大だ。今読み返すと全体に優等生的な空気が漂っているのが難。

2016/12/22

みか

第1章から第3章までは、悪の問題を哲学の立場から論じる基礎が分かります。第4章「祓われる罪/透明化する悪」では、日本におけるハレ・ケ・ケガレの三文法の意味、古代日本の罪と祓について論じています。第5章「『黙示録』と権力本能」では、レーニン像倒壊という現代史における象徴的事件をきっかけにして、ローレンスの『アポカリプス論』における人間の権力本能の根深さを論じています。ローレンスの考え方の背景には、シオランの思想に通じるような悪の問題への根本的な問い直しがあります。

2008/08/22

感想・レビューをもっと見る