読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平

家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平

家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平

作家
上野千鶴子
出版社
岩波書店
発売日
1990-10-31
ISBN
9784000003339
amazonで購入する

家父長制と資本制―マルクス主義フェミニズムの地平 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

doni

資本制と家父長制下における女性の抑圧の構造と、それに対するフェミニズムの論点・歴史を分析・理論的に説明。時間をかけて精読したので、理解が深まった。と同時に、イデオロギー的でない物質的基盤をもったその抑圧構造を理解した今、女性というひとつの総体に対する見方が変わった。

2012/01/28

「家事労働」のあたりでもやもやするのは労働価値説のいまいちさに依ってるんじゃないかと思った.後半の分析編とても面白い.イデオロギーの支えがないと(著者のいう)再生産を維持できないのは納得.今になってみると,「再生産を私的領域に遺棄した資本制が,必然的に支払わなければならないツケ」というのが笑えない.

2010/09/04

ひなたのひかげ

第一章 マルクス主義フェミニズムの問題構制  第三章 家事労働論争

ねぎとろ

なぜ「家事労働」概念がフェミニズムにとって決定的に重要なのかが理解できた気がする。特定の誰かや「男」という性ではなく、家父長制というシステムが問題なのだと言っても、反発する人がいるんだろうけども。納得いかないところももちろんあるが、興味深い本ではある。/補論における、ほとんど漫画的な教条マルクス主義者たちの姿が結構笑える。こうした人たちもすっかり姿を消した。/「家父長制の陰謀」といった表現がしばしば出てくるのはなんだかなあ。ほんとに「陰謀」と考えていたとは思わないが、誤解を与える表現ではないか。

2011/12/07

tiki

女性がいかに家父長制と資本制の“協同作業”によって苦労しているか論じている一冊。ジャンダー関係の本はほとんど読んだことないが、楽しく読めた。

2008/12/03

感想・レビューをもっと見る