読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代SFのレトリック

現代SFのレトリック

現代SFのレトリック

作家
巽孝之
出版社
岩波書店
発売日
1992-06-11
ISBN
9784000006200
amazonで購入する

現代SFのレトリック / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハイザワ

筆者の「レトリック」は「〇〇風の××な△△」と作品の構成要素を簡潔にまとめてみせるところに特徴がある。たとえその作品を脱構築的なアプローチで読んでいくことが主眼となっている場合でも、レビューの仕方には広告的な側面がある。一つ一つの形容詞をうまくはめこんでいっている感じ。その的確さは文章の流れをスムーズにする一方、作品をものすごくシンプルなものに還元してしまうリスクも孕む。そのようにくっきりした枠を嵌め込むあたりからも、筆者が個々のジャンルを前提に作品を論じようとする姿勢がうかがえる。

2020/08/13

Ryosuke Tanaka

長年文芸批評という知的営為をどうやって位置づけたらいいのか、よくわからなかったのだけど、これ読んで、ラップバトルみたいなモノかな〜と思った(ラップバトルのルールもよく知らんが)。換喩・提喩・暗喩の"決まり手"を使いながら、テクスト・読者・作者・社会などの構造が、カッコよく呼応しているように見せると、勝ち、みたいな。『「サイエンス」と「フィクション」の世紀末』だけで後で再読。何度も戻ってきて楽しい書物だと思う。

2016/04/15

ponkts

非常に難解。全体を通してポモポモしまくっているが、賞味期限切れと言って片付けてしまうには惜しい代物。アナロジーをかなり推し進めながら言表空間と物語構造の分析をしているので、一章の『ソラリス』論からしてまず苦しむ。とはいえ、三章は楽しい。1973年に『クラッシュ』と『重力の虹』が同時に出てきたことはモロに SF の定義不能性を象徴しているのではないかという主張。最終的に主流文学がメタフォリゼーションへ赴き、SF が字義性・隠喩性の差異の爆破を試みる点で、両者とも <現在> の視点からの意味脱臼を可能にする。

2014/06/13

hobby no book

一つひとつの論考が程よい長さで、一人の作家、一つの作品を割と掘り下げて丁寧に扱ってくれているので、テンポよく満足度も高く読了。

2016/06/30

感想・レビューをもっと見る