読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

治療塔

治療塔

治療塔

作家
大江健三郎
出版社
岩波書店
発売日
1990-05-24
ISBN
9784000013604
amazonで購入する

治療塔 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

宇宙猫

★★★ 「選ばれた者」が「新しい地球」に大出発して10年後、残された者が荒廃した地球であえぎながら生き延びてきたところへ宇宙船団が帰ってくる。設定はベタなSFだけど、イェーツとからめた文学的作品(多分)続きは気になるけど続編を読む根性はないなぁ。

2015/10/25

抹茶モナカ

大江健三郎さんのSF小説。イェーツの詩のイメージから主要なテーマを得ている様子。イェーツだとか、新しい人だとか、従来の大江作品で出て来るキーワードによる作品をSFで変奏しただけのような感じもしなくない。核時代の恐怖感からの想像力で捻り出されたような小説世界なのだけれど、選良思想で「選ばれた人」が地球を脱出する、といった設定等は、意外に陳腐なイメージ。ちょっと僕個人としては読み飛ばした感覚もあるけれど、変奏曲みたいな印象の本。

2016/02/01

国重

大江健三郎のSF小説。インタビューによると、安部公房に「SFというのとは、ちょっと違うのではないか」と言われたらしい。

2017/08/25

あや

SFだと聞いて読んだけどなかなか難しい話で。会話表現が独特だったのが理由かもしれない。ありそうな話で怖かったという印象。一昔前のSFはもしもの世界感が強い。ヒロインがひたすら可哀想。

2018/07/14

doradorapoteti

読んでてコクーンを思い出した。再生することの意味が大事。ラザロの復活と同じ。

2009/08/23

感想・レビューをもっと見る