読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人間を読む旅

人間を読む旅

人間を読む旅

作家
城山三郎
佐高信
出版社
岩波書店
発売日
1999-06-18
ISBN
9784000017541
amazonで購入する

人間を読む旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まひはる

絶対に形の崩れない男たちの人生-組織と人間をテーマに,50年間あるべきリーダーの姿を探し続け,存在感のある人物を描き続けてきた城山三郎氏と,企業社会日本を批判し,倫理を欠いた政治家,官僚,経済人を告発してきた佐高信氏が,渋沢栄一,大久保利通から大岡昇平,本田宗一郎まで,いま求められる人物像を語り合う.

2020/07/25

ぽんよもちゃん

いろんな故人の事って知らないことが多いから興味深くとっかかりになりそう。

2014/02/16

nitti

図書館のオススメコーナーに有り、タイトルが好ましかったので読んだが、城山さんの本を1冊も読まずに読んでもイマイチ人物関係が分からなかった。政治家、官僚、実業家、そういった人々の伝記を書いた人である様だ。(何冊か読みたい本リストに挙げていた本もあった)対談を通じて城山さん自体にも興味をもった。倉紡の大原孫三郎さんや、ホンダの本田宗一郎さん、鈴木商店の金子直吉さん、人として魅力的な人達の物語も読んでみたい。

2016/10/18

悸村成一

対談録。「発信性能」、「受信性能」(by 城山、共に p.188)、「受信機能」(by 佐高。p.198)なんて用語が活眼。たまには大喧嘩する対談があればなぁ。図書館本。 46

2014/07/05

夢仙人

昔の政治家と経済人には素晴らしい見識を持った人物がいた。昨今若者の幼稚化が言われているが、いい大人の幼稚化も大きな懸念である。最近の動物の交通事故他発は食物の富栄養化による環境ホルモンの影響と言われているが、人間さまもおなじか。

2010/08/25

感想・レビューをもっと見る