読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

剥きだしの野の花―詩から世界へ

剥きだしの野の花―詩から世界へ

剥きだしの野の花―詩から世界へ

作家
吉増剛造
出版社
岩波書店
発売日
2001-07-16
ISBN
9784000022231
amazonで購入する

剥きだしの野の花―詩から世界へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gu

知らないことだらけでとても読めたとはいえないが、読めないなりに豊かな体験だったと思う。こういう世界の見方があるのか、と。異語混淆、多触覚的アンテナという言葉が印象に残る。古川日出男がどれだけ影響を受けていたかわかった気がする。

2013/03/27

感想・レビューをもっと見る