読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

泡噺とことん笑都

泡噺とことん笑都

泡噺とことん笑都

作家
かんべむさし
出版社
岩波書店
発売日
1998-06-05
ISBN
9784000024754
amazonで購入する

ジャンル

泡噺とことん笑都 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hibimoriSitaro

再読。1998年6月初版。昭和末期東京から単身赴任してきた商社マン(総務課)が大阪を見聞する話。バブルに翻弄される町内と,バブルに動じない落語界の双方が対比的に描かれる。米朝一門が実名でばんばん登場するから上方落語好きにはたまらんおもしろさがある。主人公の相方になる「桂朝之助」は仮名だが,エピソードからして歌之助さんに間違いあるまい。かんべさんは「水素製造法」以来かなあ,もっと読みたい。

2020/06/26

mitora

いや面白かった!バブル時代の大阪、東京から半左遷されてきた暇なサラリーマンとマンション建設反対運動と、落語家さんの話。ほとんどの落語家さんが実名なので米朝一門に興味があると数倍楽しい。反対運動の学生運動崩れの夫婦もまた楽し。要素が盛り沢山な割には話は「ナンセンスな騒動」以上でも以下でもないが、作中の描写によるとそれもまたいいのだろう。大阪についても日本そのものについても、随所に光る考察がある。また読みたいなあ。

2012/05/05

感想・レビューをもっと見る