読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ありのすさび

ありのすさび

ありのすさび

作家
佐藤正午
出版社
岩波書店
発売日
2001-01-26
ISBN
9784000024891
amazonで購入する

ありのすさび / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アルパカ

「豚を盗む」に続いて読みました。猫の話が良かった。とてもロマンティックで人に対する目線がやさしいので読んでいて心穏やかになります。かといって全く毒がないというわけではない・・・。気になるタイトルの意味「ありのすさび」(在りの遊び)・・あるに任せて特に気にせずにいること。生きているのに慣れて、なおざりにすること。

2018/03/31

じゅん・・・

猫とコーヒー好きなんですね。共通点あり。

2013/08/17

shizuka

ページをめくるのが楽しくてたまらない。佐藤正午を知って、まだ日は浅い。エッセイの中で作者が、野呂邦暢の文体に惚れるという意味で「同棲のあげくに結婚寸前まで行った仲」とあるが、私はまだまだ、恋の始まりかけで、熱っぽく始末の悪い状態だ。世に出ている小説・エッセイはたくさんある。片っ端から読み込んで、同棲まで持ち込みたい!

2016/09/03

Voodoo Kami

野呂さんに言及した文章が二つ入っていました。「作家の文体に惚れるという意味で比喩を大げさに用いれば、僕は野呂邦暢とは同棲のあげく結婚寸前まで行った仲」の佐藤正午の本を私は今回初めて読んだので、かつて野呂さんの文章にエッセイから入ったように、佐藤さんにもエッセイから入ることになりました。1989年から2000年までに書かれたものということで、通信環境は今とは隔世の感があります。隣の隣の市にお住まいという似たような天気の下で毎日暮らしている親しさが湧いたので、これから『鳩の撃退法』も読んでみることにします。

2016/04/05

M66

何だか自分も、佐世保の、海の見える7階の部屋にいる気がしてくる。午前中の白っぽい光が差しこんで、空気はまだひんやりとしている。今日はこれから何をしようか、とりあえずコーヒーでもわかして、とかそんな気分に。。

2011/11/20

感想・レビューをもっと見る