読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幸田文対話

幸田文対話

幸田文対話

作家
幸田文
出版社
岩波書店
発売日
1997-03-07
ISBN
9784000029049
amazonで購入する

幸田文対話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

shouyi.

幸田露伴の次女で作家の文による対話集。幸田文に対する露伴の家庭教育の厳しさは有名。その理由は母親が亡くなったのでその代わりを露伴が務めたのかなと読んでいて思った。対話相手も殆ど亡くなっているし、初めて聞く名もあったが知る人は皆有名な人たちだ。時代が違うから比較しても仕方がないけど、どの人たちにも情を感じて信頼感に包まれた人間関係で羨ましくなった。

2020/08/21

ほし氏

図書館で借りました。幸田文さんの父親といえば幸田露伴です。非常に厳しいお父さんだったようで、そのことが娘さんの口から多く語られるのですが、その厳しさがある種の縁となって、色んな人が訪ねてくるようです。露伴に厳しく育てられたというのが、ある種の信用となっているわけで、同時に文さんの立場を確固としている部分がある。最近は、厳しさを振るうことが難しいご時世になってきましたが、厳しさを通り抜けていった先に待つ恵み、といったことを改めて考えさせられました。

2019/11/22

ka-ko

露伴の文に対する思いや教育など、本人は反抗していたかもしれないけれど、彼の美学で育てられた筆者を少し嫉妬しています。

2014/10/13

みるて

図書館の本 読了

2013/07/10

seu

美輪さんの大胆な発言と幸田文さんの反応が面白かった

感想・レビューをもっと見る