読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

老いの思想 (老いの発見 3)

老いの思想 (老いの発見 3)

老いの思想 (老いの発見 3)

作家
伊東光晴
副田 義也
日野原重明
河合隼雄
鶴見俊輔
出版社
岩波書店
発売日
1987-01-22
ISBN
9784000040334
amazonで購入する

老いの思想 (老いの発見 3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とまる

本書では、「弱者」また「支配者」としての老人、高齢者の性などが語られ、そして同時に多くの「死」が語られる。 ヨーロッパでは古くから「memento mori(死を想え)」が宗教・美術の主題として繰り返されたし、ハイデガーは人間について「Sein zum Tode(死への存在)」という表現をしている。 舞台に幕があり文章に句点があるように訪れて当然のもの。その地点があるからこそ、そこまでめいっぱい歩いて行く。私の好きな「死ぬまで生きる」という言葉を思い出した。

2012/11/03

感想・レビューをもっと見る