読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

拒食の喜び、媚態の憂うつ―イメージ崇拝時代の食と性 (21世紀問題群ブックス 14)

拒食の喜び、媚態の憂うつ―イメージ崇拝時代の食と性 (21世紀問題群ブックス 14)

拒食の喜び、媚態の憂うつ―イメージ崇拝時代の食と性 (21世紀問題群ブックス 14)

作家
大平健
出版社
岩波書店
発売日
1996-10-25
ISBN
9784000044349
amazonで購入する

拒食の喜び、媚態の憂うつ―イメージ崇拝時代の食と性 (21世紀問題群ブックス 14) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

黒い森会長

1996年に出版。第1部は、精神科学の簡単な歴史。いろいろ興味深い。第2部は理論?編。20年後の今もというか、現在も十分使える分析。 著者の本は、症例集が多く、理論編は珍しいのでおもしろかった。

2016/03/04

くま 1 3

著者が 1990代に 聖路加看護大学の大学院の講義をしたときの素材で 書き下ろした本です。 大平ファンには面白いでしょう。 軽い本です。 

2016/01/17

my

分析も歴史も中途半端な記述でつまらなかった

2011/06/27

感想・レビューをもっと見る