読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

源氏物語 (古典を読む 14)

源氏物語 (古典を読む 14)

源氏物語 (古典を読む 14)

作家
大野晋
出版社
岩波書店
発売日
1984-05-21
ISBN
9784000044646
amazonで購入する

源氏物語 (古典を読む 14) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Manami

読了したのは今回が3、4度目くらい。論理が明快で、裏づけもしっかりしており、独特の論旨の数々に説得力がある。八の宮を“桐壺帝の異母弟”とした1箇所のみ誤植に気づいたが(事実は光源氏の異母弟)、ほかに疑問を持つところはなかった。読み方のひとつを提示したのみ、と謙虚な執筆姿勢だが、研究論文、研究図書として十分胸の張れるものだと、読むたびに頭が下がる。研究者にも読んでほしい。文章量に圧倒される方にも、ぜひ読み進めてみてほしい。初学の方より、ある程度『源氏物語』に馴染んだ方のほうが、より楽しめるかもしれない。

2018/10/27

のんき

岩波現代文庫版入手につき、こちらは処分。

感想・レビューをもっと見る