読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寺田寅彦随筆集〈第1巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

寺田寅彦随筆集〈第1巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

寺田寅彦随筆集〈第1巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

作家
寺田寅彦
小宮 豊隆
出版社
岩波書店
発売日
1993-04-07
ISBN
9784000070980
amazonで購入する

寺田寅彦随筆集〈第1巻〉 (ワイド版 岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

科学者と芸術家の節(86頁~)。両者を、夏目漱石先生は職業と嗜好面で完全に一致させられる、とご講演されたことがあると、寺田先生はご指摘される。創作という意味では、共通点があるという。創造、creativityは今日の創造農村という地域振興方策とも接続する、重要な論点である。芸術家的科学者という面白い存在が出てきそう。色彩や和声など、芸術家の論理解析でもあるし、科学者の黙示を確立する技巧でもあり、なかなか意味深いテーマ(92頁)。他、田園雑感 の節(208頁~)。都

2013/08/02

感想・レビューをもっと見る