読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寺田寅彦随筆集〈第2巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

寺田寅彦随筆集〈第2巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

寺田寅彦随筆集〈第2巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

作家
寺田寅彦
小宮 豊隆
出版社
岩波書店
発売日
1993-05-17
ISBN
9784000070997
amazonで購入する

寺田寅彦随筆集〈第2巻〉 (ワイド版 岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

「浮世絵の曲線」の節(92頁~)。黒白の切片や、曲線の集団から成る。物質に着目されるのはやはり、物理学者である。顔の輪郭の線。襟の線。着物の裾の表現・・・これらは、本当に描きにくいが、極めて、画家の手腕、資質が問われる、誤魔化しの聞かない部分でもあると思う。今年はどんな作品、作者が通訳案内士1次試験日本歴史で第6問に写真になって出るか、と思いつつ。備忘録の中の「線香花火」(137頁~)に目が留まる。この年齢になって、人生の象徴に見えてくるのは不思議だ。若い頃には情緒を知らなかった。詩や音楽に見立てている。

2013/08/02

感想・レビューをもっと見る