読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時の島々

時の島々

時の島々

作家
今福龍太
東松照明
出版社
岩波書店
発売日
1998-01-27
ISBN
9784000080729
amazonで購入する

時の島々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tamaph

詩人としての記憶と、自伝作家としての記憶。人はその両方を抱えて生きる生き物。社会的自己と個人的自己。泣きそうなほど心が締め付けられ、小さな子供の頃であればそのまま泣いてしまったり立ち止まったりしてきたことも、今はもうそうもいかない。見届けたものと、そのことによって自分の中で起こる現象そのものさえも、平行線上で俯瞰しながら、淡々と進んでいく、ような、日々。最後の瞬間は、どのように訪れるのか。私なら、何曜日だって構わない。

2016/07/13

deerglove

今福龍太さんのナイーブな文章より、東松照明後記のほうが印象深かった。曰く「現地入りする前にイメージした沖縄の像は、四半世紀も米軍政下にあるのだから日本以上にアメリカ化しているに違いない、というものだった。ところが、沖縄のムラやシマには、日本みたいにアメリカニゼーションが染み込んでいないのである。私は沖縄の独自性と強度に驚嘆した。」

2013/04/14

感想・レビューをもっと見る