読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロバート・キャパ スペイン内戦

ロバート・キャパ スペイン内戦

ロバート・キャパ スペイン内戦

作家
リチャード・ウェーラン
フアン・パブロ・フシ アイスプルア
キャスリーン コールマン
Robert Capa
ロバート・キャパ
高田 ゆみ子
出版社
岩波書店
発売日
2000-01-20
ISBN
9784000081986
amazonで購入する

ロバート・キャパ スペイン内戦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

古書店で偶然に目について購入。実に素晴らしい写真集。被写体のすべてに「人間」が描かれる。表情といい、ポーズといい、服装といい、すべてにわたって現実でありながら現実を超えている。どの1枚をとっても、まるで俳優たちが演じる映画の1シーンのようなのだ。目の表情が、もう全く人民戦線とは何かを如実に語るかのようだ。これらの写真を見ていると、ロッセリーニを、そしてネオ・レアリスモを生んだのはキャパなのではないかという気になってくるほど。岩波は表紙にタラゴーナの写真を選んだが、すべての写真が表紙になりうるレベルだ。

2016/04/14

Koki Miyachi

キャパのスペイン内戦の取材の集大成。例の「崩れ落ちる兵士」も掲載されている。表に見えているキャパの陰に、生身のキャパが透けて見えるような気がした。キャパはその人生を通して本当の真実とは何なのか、そんな永遠のテーマを問いかけているのかもしれない。

2014/03/08

しょー

 人々が怯えながら空を見上げる姿が印象に残った。壊滅した町を見れば表情の意味がわかる。グロテスクな写真も、数枚が収録されている。改めて争いは嫌だと思った。

2013/08/14

browneyes

ベタ焼きのなんちゃらノートいいな。

2011/01/25

etupirka

キャパの第二次大戦の写真集を先に見たので、こっちの写真が古く見えてしまった。

2009/04/28

感想・レビューをもっと見る