読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界金融危機 (岩波ブックレット)

世界金融危機 (岩波ブックレット)

世界金融危機 (岩波ブックレット)

作家
金子勝
アンドリュー デウィット
Andrew DeWit
出版社
岩波書店
発売日
2008-10-07
ISBN
9784000094405
amazonで購入する

世界金融危機 (岩波ブックレット) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふみすむ

2008年刊行。具体的な統計によって、サブプライム危機を発端とするグローバル同時不況のメカニズムの解明とその後の予測を試みている。筆者によれば、第一に、今回の金融危機の根源は「証券化」「影の銀行システム」であり、第二に、信用収縮と景気減速の悪循環のプロセスが金融危機を進行させ、第三に、地球温暖化に伴うエネルギー転換の波が金融危機を深刻化させたという(第一、第二はともかく、第三はあまり同意できなかった)。

2016/02/23

ちー

サブプライム危機から繋がる世界同時金融危機の説明の本、と捉えれば良いのか。低所得向けの住宅ローンのバブルがハジけた後、株価の下落。それがアメリカだけでなく世界にも影響し、様々な国に影響を及ぼし金融危機となる・・・新しい情報は少なかったが、詳細な情報で裏付けされた本書はサブプライム危機について知るには良いと思う。また、石油と食料の不足による危機についても提言している。直接的な影響について知りたい場合には池上彰や堤未果の本を推薦する。

2013/11/15

simi

薄い本のくせに世界ときた。1000年前は米国もなっかたし何時かはなくなるだろうけど、近い将来ではなさそうだ。日本の民主党のが先に消えそう。

2013/03/24

メルセ・ひすい

ものづくりを中国に超依存した、経済至上主義の中身のない大国の終焉。日本は周囲が海洋であり、台風様のおいでになる国でありこれからのこの二つの膨大な資源により二者の開発・研究により世界のトップに君臨できる。若人を育てよう! 国債依存は将来の孫子へのツケ。 断じて許せない。

2009/01/07

samandabadra

他の本の話になるが セーフティーネットの主張など 金子勝氏の議論には参考になるもの多し この本も、 予想通りになっているようにおもえる。 あまり実現ほしくはないものもあるが

2009/10/12

感想・レビューをもっと見る