読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グローバル資本主義と日本の選択―富と貧困の拡大のなかで (岩波ブックレット NO. 779)

グローバル資本主義と日本の選択―富と貧困の拡大のなかで (岩波ブックレット NO. 779)

グローバル資本主義と日本の選択―富と貧困の拡大のなかで (岩波ブックレット NO. 779)

作家
金子勝
武者 陵司
橘木俊詔
出版社
岩波書店
発売日
2010-03-11
ISBN
9784000094795
amazonで購入する

グローバル資本主義と日本の選択―富と貧困の拡大のなかで (岩波ブックレット NO. 779) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

武者教授によると、グローバル資本主義とは、国家から世界が一帝国と化す枠組みの下で統一されたこと(14頁)。橘木教授によると、成長では救われない貧困者(45頁~)。社会保障制度の変化は、家族の変化と密接に進んだという(46頁)。その最たる矛盾が、国民年金。ほんと、前納2年制度に変えるか、どうか、逡巡としている。何度も書いているが、1年前納のときよりも6800円お得だと。で、収納率を1%上げればよいという目標だ、と年金事務所では説明されたが、民間ではそんな数値目標では潰れるよな? 保健室であめ支給(50頁)。

2014/02/03

抹茶ケーキ

日本経済はこれからどうしていけばいいのかについてのシンポジウムをまとめたもの。経済のことはあまり詳しくないのでわからないけど、成長志向と現状維持志向でシンポジストの意見が分かれてるんだろうなと思った。

2016/04/24

わし

最近、パネル・ディスカッション物にハマっている。一人の著者による書籍だと、どうしても主張が偏りがちであるが、本書は三者三様。「トリクルダウン」に対する「ウィナー・テイク・オール」という概念には注目。

2015/01/25

感想・レビューをもっと見る