読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

岩波講座 文学〈8〉超越性の文学

岩波講座 文学〈8〉超越性の文学

岩波講座 文学〈8〉超越性の文学

作家
小森陽一
沼野充義
松浦寿輝
富山太佳夫
兵藤裕己
出版社
岩波書店
発売日
2003-08-20
ISBN
9784000112086
amazonで購入する

岩波講座 文学〈8〉超越性の文学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

疑い深い、やくみつるさんも納得。

この本の目的は、文学が持っている超越的(超自然的、形而上的)なものと触れ合う力を読者に再発見させることのようだ。  だから、宗教と文学の共通性が描かれたり(川村邦光)、なじみの薄い宗教内の作品を紹介したりする論文(杉田英明)が載っている。  そういうわけで、詩的想像力を刺激される良いカタログだと思う。ただ、それぞれの論者の結論にはそれほど説得力がなかった。 方向性自体は賛同するが、それなら非宗教的な文章や日常的な文言のなかの隠れた宗教性・超越性を指摘する論文のほうがより説得的だったのではという気がする。

2015/01/17

感想・レビューをもっと見る