読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空疎な小皇帝: 「石原慎太郎」という問題

空疎な小皇帝: 「石原慎太郎」という問題

空疎な小皇帝: 「石原慎太郎」という問題

作家
斎藤貴男
出版社
岩波書店
発売日
2003-03-06
ISBN
9784000226097
amazonで購入する

空疎な小皇帝: 「石原慎太郎」という問題 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

penguin

図書館。元都知事に関しては、良くも悪くもセンセーショナルな記事や言動は見聞きしていましたが、時系列且つ背景を踏まえた上で読むとなんともタイトル通り「空疎」であることかと。文体と視線が非常に冷静であるので、彼の功罪を読み手に考えさせる感じでした。 余談になりますが、現大阪市長はこの方の手法を矮小化して倣っているのかと思う部分もあり。独善的だから同じ手法を好むのか、組織を掌握し独裁的な体制を作るにはこの手法が最適だからなのか...。そう言った意味で、読んで損は無かった一冊でした。

2015/06/25

simi

太陽の季節。太い。渋い。 なんとかの一つ覚えでしぶといお方だ。

2013/05/07

もりたこ

再読です.敢えて内容には触れませんが,東京都民なら読んでおいて損はないと思います.斎藤貴男さんの命をかけた力作だと思います.

2012/12/12

inukumagorou

ごめん実は読んでへんねん。斎藤氏は大変尊敬するジャーナリストだが、石原慎太郎を知るために時間を費やすのは単なる時間のむだだわ。彼に投票する東京都民の知能レベルの低さを研究した方がためになると思う。

2011/08/17

感想・レビューをもっと見る