読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

心理療法入門

心理療法入門

心理療法入門

作家
河合隼雄
出版社
岩波書店
発売日
2002-02-14
ISBN
9784000233651
amazonで購入する

心理療法入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夢牛

過剰に科学や現実を信仰しすぎておかしくなってしまった現代社会に必要な考えが書いてあります。 全てを科学や理性で解決しようと考えている現代人は皆、精神的に耐えられなくなり始めてきました。 科学と迷信、現実と想像のバランスが大事です。 世間に蔓延する理想、幸福物語が人々を苦しめている。 他者の物語に囚われず、自分の人生の物語を創っていく必要があると思います。

2017/07/01

うどん華

たくさんのことを学んだ一冊だった。「イニシエーション」という概念も初めて知った。また、心理療法は科学的に人間を考察することが求められているという風潮があるように思っていたが、根本的に科学とは一線を画すうということもわかった。そして、なにより、心理療法家はあのフロイトやユングでさえ出発点は自分自身であり、自分自身の心の病とその治療への自らの努力、その経過から得られた経験が大きな創造に結びついているということに感銘を受けた。 もう一度、きちんとノートに整理しながら読んでみたい。

2016/10/16

みやこ

具体的というよりかはふわっとした説明みたいな

2014/11/03

抹茶ケーキ

初心者の心理療法家向けに書いたらしい。何か自己啓発本っぽい。結局心構えレベルの話が多いし、やっぱり正当な意味での「科学」や「技術」ではないよな。別にそうである必要もないだろうけど。

2017/05/21

Ren

明恵上人ってずっと尼さんだと思ってた(>_<) 「ハンサムなお坊さん」って書いてて初めて男性だって気付いた 信者に金太郎飴的に同じ教えを説くんじゃなくて、 人を見てその人に合う言葉をかけてたってのがすごい!

2012/06/08

感想・レビューをもっと見る