読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

長編マンガの先駆者たち――田河水泡から手塚治虫まで

長編マンガの先駆者たち――田河水泡から手塚治虫まで

長編マンガの先駆者たち――田河水泡から手塚治虫まで

作家
小野耕世
出版社
岩波書店
発売日
2017-05-27
ISBN
9784000238908
amazonで購入する

長編マンガの先駆者たち――田河水泡から手塚治虫まで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

印度洋一郎

日本におけるアメコミの第一人者である著者が、約四十年前に「奇想天外」誌上に連載していたコラムを元に、戦前から終戦直後にかけての「日本の長編漫画の系譜」を、リアルタイムの読者(少年時代)の視点も交えて辿っている。戦前の作品にしては革命的スピーディな展開を見せる「スピード太郎」、SFガジェット盛り沢山の「新バグダッドの盗賊」等々今も読める作品もあれば、数少ない戦時中の漫画「ナマリン王国物語」や名作のらくろの異色作「珍品のらくろ草」等幅広い。柔らかい語り口、豊富な知識など、アメコミに関する諸作同様の楽しい文体だ

2017/07/23

じょっちゅん

著者が1980年代に『奇想天外』誌上に連載した「奇想天外コミックスの系譜」をベースとした一冊。 リアルタイムで戦前から戦後まもない頃に出版されたマンガに触れていた著者のマンガ体験史が書かれている。豊富な図版もさる事ながら、当時の感想を活き活きとした筆致で綴っており、当時のマンガへの愛が強く伝わる。 引用した場面に対する印象を綴っている点や、作品に対して映画や小説を踏まえながら論考している点は、マンガ史を考える上で新たな示唆を読者に与えてくれるものだと感じられる。

2017/07/06

感想・レビューをもっと見る