読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寺山修司からの手紙

寺山修司からの手紙

寺山修司からの手紙

作家
寺山修司
山田太一
出版社
岩波書店
発売日
2015-09-12
ISBN
9784000240482
amazonで購入する

寺山修司からの手紙 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もりくに

こんなにお互いを必要としている友人を持てただけでも、山田太一と寺山修司は幸せだったと、羨ましくなる。彼らは大学の同級生。最初、タイトルを見た時には、結構な違和感があった。あの「天井桟敷」の寺山と、「家族ドラマ」の山田の組み合わせは。でも考えてみたら、「家族ドラマ」ではあるが、いわゆる「ホームドラマ」ではない。友達になったきっかけは、山田が詠じた小野十三郎の詩の一節に、即座に寺山が応えたこと。ほとんど毎日会って話して、別れて足りないことを「手紙」にし、次回はお互いに「手紙」を読んでから話し出す。(続く)

2018/12/10

保山ひャン

寺山修司と山田太一の未発表書簡と、寺山の日記から山田関連抜粋、寺山の『われに五月を』『ひとりぼっちのあなたに』『はだしの恋唄』に収録された山田関連、そして山田太一による弔辞(泣けた!)。18歳くらいから24歳頃までの青春の記録。寺山が47歳で倒れてから言った「今僕が考えていることは二十歳の頃考えていたこととどれも同じなんだよね」が胸に迫る。死ぬまで青春だったのだ。寺山がしきりに山田太一にコロッケを食べるよう勧めているのも面白い。

2016/04/12

南包

『寺山修司からの手紙(山田太一編)』 昭和30年(1955)から昭和33年(1958)まで、四年間のハガキ・手紙(山田太一宛のもの)中に山田太一から寺山修司への手紙も混じる。 二人にしかわからないことも多いが、迸る青春(寺山=昭和10年、山田=昭和9年生まれ)のぶつかり合いは分かる。 その中(昭和31年)に、こういう件がある。 【新しく知った人は谷川俊太郎、大岡信、岡井隆、山口洋子、浅利慶太、など。】 順に、25歳、25歳、28歳、19歳、23歳である。寺山は21歳、山田は22歳のことである。この面々、綺

2015/12/10

あーしぇ@文京区

読了。語り合える友がいるのはすばらしい。病院で会って話しているのに、帰ってまた手紙を書きたくなるほど語り合えることがあるというのは。二十歳そこそこの寺山修司と山田太一の読書量のすごさだけでなく、端々からうかがえるその咀嚼力と言葉の吸収力もすごい。もしかしたら若いころ特有の背伸びなのかもしれないが。ふりかえって自分の読書行為はどうなのだろうか。ただたくさん読んでいるだけではないか。そう、若いころの背伸びを少しは思い出してみようか。あと、コロッケを食べたくなってきました。

2015/09/22

やぎママ

山田太一さんは大好きな脚本家です。寺山修司さんは以前はお名前しか知りませんでしたが、昨年所属する合唱団の定期演奏会で寺山修司の詩による「思い出すために」という組曲を歌うことをきっかけにたくさんの詩集を読み、心をひかれていました。このおふたりが早稲田大学の同窓であり、こんなにも深い絆で結ばれていたことに驚き、心のうちをこんなにもさらすことのできる友人であったことがとてもうらやましい・・・往復書簡はとても個人的なものだから、普通は他人が読むことなど叶わぬものだけど、田中未知さん、素敵な本をありがとう!

2017/11/10

感想・レビューをもっと見る