読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

磔のロシア―スターリンと芸術家たち

磔のロシア―スターリンと芸術家たち

磔のロシア―スターリンと芸術家たち

作家
亀山郁夫
出版社
岩波書店
発売日
2002-05-28
ISBN
9784000244107
amazonで購入する

磔のロシア―スターリンと芸術家たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かふ

前作『終末と革命のロシア・ルネサンス』の続編だけど前作が作家個人の資質や生業を描いたの対して、この本は社会(スターリズムの全体主義)における作家を描いている。作家よりも全体主義国家の顔貌。米原万里『打ちのめされるようなすごい本』で絶賛していた本は面白い。ブルガーコフがスターリンから直接電話がかかってきて「あんた亡命する気あるの?ロシア作家が亡命して生きていける?」と言ったとか。

2018/06/12

takao

☆スターリン時代の芸術家の死の真相に迫る

2018/01/28

米村こなん

スターリン治下のテロル吹き荒れるソ連で、芸術家たちは生き延びるために命懸けで「二枚舌」を使った。芸術家による権力への抵抗の奥深さを教える貴重なルポである。

2016/02/01

Kei

もの凄く興味深い本だけど、やりきれなくて胃が痛くなってきそうでした。。。ブルガーコフ、マンデリシュターム、マヤコフスキー、ゴーリキー、ショスターコーヴィチ、それからエイゼンシュテインが取り上げてあります。読み応え抜群!亀山さん、是非続編も書いて下さい!!メイエルホリドやパステルナークetc.を取り上げて。

2012/10/06

感想・レビューをもっと見る