読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

故郷へ帰る道

故郷へ帰る道

故郷へ帰る道

作家
安野光雅
出版社
岩波書店
発売日
2000-05-18
ISBN
9784000246040
amazonで購入する

故郷へ帰る道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はやしま

素朴な文章に人となりが偲ばれるエッセイ。故郷の思い出・友人・家族のことを赤裸々に綴っている。帯状疱疹で入院している時に読んだのだけど、偶然にも氏が帯状疱疹になり痛みに苦しむエピソードが出てきてまさに"相憐れむ"気持ちで読んだ。友人の森毅がやはり帯状疱疹にかかった時痛みを訴えていた気持ちがやっとわかったと。安野氏にとって帯状疱疹の痛みに苦しんだ経験は相当強烈だったようで、人の「痛み」はわからない、体の痛みだけでなく差別や失恋などによる心の中の痛みも他人にはわからないものだと悟ったと書いている。

2017/03/16

tama

図書館本 安野ファン 珍しく表紙絵しか絵がない!「故郷へ;リュックサック」に安野さんが子供だった頃の水筒の話があり、読んだ途端に私の実家に昔あった父親の軍用水筒から飲んだ水の金気臭い匂いが蘇った。「蘇る記憶;線香」で高価な線香は火をつけずしまっている。好きなレコードはしまって聴かないというケチに気分に通じて・・・とのことですが、線香をしまっておくと素敵な移り香が楽しめるのですよ。「忘れえぬ人;司馬さんの最後の言葉」大笑いしました!「橋をかける;読書が養う力」本を読む習慣さえつけておけば、後はなんとかなる。

2017/05/29

感想・レビューをもっと見る