読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミンネのかけら――ムーミン谷へとつづく道

ミンネのかけら――ムーミン谷へとつづく道

ミンネのかけら――ムーミン谷へとつづく道

作家
冨原眞弓
出版社
岩波書店
発売日
2020-09-26
ISBN
9784000248921
amazonで購入する

ミンネのかけら――ムーミン谷へとつづく道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

榊原 香織

ムーミンの新訳者でヴェイユの研究者 もー、興味津々。 若き日のパリ時代から北欧との出会い、ヤンソン女史とのあれこれ 華がありますね。 ムーミンは音読すると心地よいらしく、ん、スウェーデン語かあ・・

2021/01/25

qoop

シモーヌ・ヴェイユ研究者として留学したパリでの生活、日本で出会った友人たちを通じて培った北欧文化への親しみ、トーベ・ヤンソンとの交流など、著者の来し方を整理し、テーマ別のエピソード群で上手く綴って読ませる。ヤンソン/スウェーデン語への接近がどのようになされたのか興味があったのだが、出逢いに至るまでの経緯を重みを持って伝える構成で理解が深まる印象。著者の人生に引かれた一本の線を辿っているかのような読み心地だった。

2021/03/16

ぽけっとももんが

ムーミンかわいい北欧おしゃれ、という今どきとは一線を画す。エッセイというには硬いけれども、学問が好きで興味を持ったことにはまっすぐ突き進む著者に敬愛の念を抱かずにはいられない。ゴトランド島を地図で確認して、いかに自分の脳内地図がいい加減かわかってびっくりした。すごく狭い海を囲んでるんだね、バルト三国やスカンジナビア諸国とは。

2021/01/02

nranjen

図書館本。シモーヌ・ヴェーユの訳者が、フィンランドのムーミンの訳者だったなんて!?この疑問によって手に取った本。バリバリの仏文研究者が転生(?)したのは、本だけでなく、冒頭に掲げてある人との「出会い」の数々だった…。なんて素敵なんだろう。ヴェーユとアラン、ブランシュヴィックの逸話からジルベール・カーン氏の出会い(さらにハイデガーへ続く)もすごいけど、友人からムーミンに至る繋がりもすごい。個人的には触れられていないが「テンペレ」という土地でシンポジウムを開いたことに強い思いを感じる。フィンランド共生への熱意

2021/02/08

めぐみこ

シモーヌ・ヴェイユやトーヴェ・ヤンソンの翻訳を手掛けた著者のエッセイ集。パリ留学中の思い出、北欧からのバックパッカーのグニーラとマリ、ストックホルムでのムーミンとの出会い、ヤンソンとの交流…。出てくる女性みんな、しなやかで生き方が格好いい。こういう年の取り方が出来たらいいな。

2020/11/19

感想・レビューをもっと見る