読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

森を創る 森と語る

森を創る 森と語る

森を創る 森と語る

作家
C・W ニコル
今森 光彦
中村桂子
筑紫哲也
永六輔
稲本 正
出版社
岩波書店
発売日
2002-06-13
ISBN
9784000252935
amazonで購入する

森を創る 森と語る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kikuyo

樹木は、優秀な資源だ。緑は人間に安らげる空間を提供してくれる。さらに、「おいしい水、おいしい空気」は[太陽系最大の生産工場]地球の森がつくりだしている。「森林生態系の多様性を楽しみながら知識を深めること」が大切だと著者は語る。少しでも植林し豊かに循環する社会のことを考え、環境のことを深く学ぶことは大切だな…。イタリア製のストラディバリウスは楓の木。オーケストラは楓の森が響いている、という言葉が印象的。ヤマネは山で寝るから「ヤマネ」。

2016/05/11

miri

様々な森への視点が聞けて面白かった。

2014/06/28

yoshi

森にはずいぶん癒されたな

2008/04/02

感想・レビューをもっと見る