読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レッドタートル ある島の物語

レッドタートル ある島の物語

レッドタートル ある島の物語

作家
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
池澤夏樹
出版社
岩波書店
発売日
2016-09-14
ISBN
9784000256681
amazonで購入する

レッドタートル ある島の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

青山ブックセンターで時間調整のため、読みました。セリフのないジブリの映画作品に興味があったので、とりあえず絵本版を手にしました。絵本も文章がないのかと思いましたが、映画と異なり、適宜説明文が挿入されていました。絵が美しい南の島のファンタジーの本作は大人も楽しめる内容になっています。映画も出来れば、鑑賞したいと考えています。

2016/09/28

キジネコ

まず美しい絵に魅了されます。耳を澄まして聞こえてくる波の音、遠い呼び声に共振する何かを身の内に感じます。風が身体を包み、島の息吹と雨の匂いが傍らに満ち溢れる時、物語に私たちは何を求めたのか?と不図考えます。触発する此の世界のアラユルモノに、どの様に反応してきたの?とも思いました。いのちの行方について詩人の問いが独特の重力を示し、微笑みかけます。この島で過ごす生涯を、愛を、いのちを考えて、静かな心の海を揺蕩う愉楽を味わいました。与えられる事に慣れた私は、私を満たすものの中で自らの岸辺に立つ感動を知りました。

2018/01/05

陽@ はや2帰還が楽しみ!

去年の夏、星検後に森美術館のジブリ展へ。公開前の展示。南の島の私はある想いと共に眺めた。静かな島。自然の摂理と恩恵。営む日々。星空の下、最期に思うのは。波音が聴こえてくるような。「ずっとそばに居たいと思ったんだ。」

2017/02/08

ぱお

どんな話なんだろうと思って読んでみたら・・・驚きの展開でした。

2017/03/25

みよちゃん

映画になったとの事。よんでみたら、異類婚姻譚みたいに感じた。島が三人を見続ける話。映像ではどんなになるのだろう。

2017/02/17

感想・レビューをもっと見る