読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

トトロの住む家 増補改訂版

トトロの住む家 増補改訂版

トトロの住む家 増補改訂版

作家
宮崎駿
出版社
岩波書店
発売日
2011-01-29
ISBN
9784000257978
amazonで購入する

トトロの住む家 増補改訂版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きむこ

図書館で見つけて衝動的に借りた本。宮崎駿さんが散歩中に見つけた「トトロが喜んで住みそうな」お気に入りのお家を紹介している。古いけど丁寧に大切に使われていてお庭にもこだわりがあるなんとなく懐かしい家。その家の説明と写真と共に宮崎さんが描いたそのお家のイメージ画が添えられている♡若い頃はこんな家は古臭くて住みづらくて絶対に嫌だって思ってたのに、確かに落ち着くし、そこに住まわれている方がそのまんま表れているようで素敵だ。「闇がある家がいい。」という宮崎さんの持論に納得。

2015/03/15

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

宮崎駿さんが〈トトロが住みそうな懐かしい家〉を訪ねた住宅エッセイ。スタジオジブリがあるJR中央線沿線の〈西東京エリア〉は、緑が多く古くていい感じの家々が残っています。昭和初期に建てられた〈文化住宅〉と呼びたいような家。「夏は暑くて冬は寒そう。でもいいな〜」という感じの家が紹介されています。本当にススワタリとか出てきそう。宮崎さんの力の抜けた感じのスケッチがとても魅力的。いせひでこさんの絵本を読んでいる時、何度かこの本のことを思い出しました。水彩絵の具よりさらに淡い色鉛筆で描いたようなタッチです。

2014/06/08

ぶんこ

写真とスケッチが家々の趣を伝えてくれています。家と庭との調和、そして街並みとの調和も素晴らしい。特に欅のある中野区白鷺のMさん宅前の並木道が素晴らしい。山の別荘地のようです。Mさん宅の大らかさもお気に入り。最も好きな家が吉祥寺のOさん宅。草木を愛し、野鳥の巣箱があって、家の裏まで掃除が行き届いている。桜の木に抱きつくおばあちゃん、なんて可愛い。反するのが、台所の写真を見た家。公職追放後何もしない夫による改造禁止により、多大な迷惑を押し付けられた家。著者はそれも良しとされたが、私は奥様を思うと切ない。

2019/01/26

たいぱぱ

図書館にて偶然発見!27年前に宮崎さん、こんな本出してたんですね。宮崎さんが散歩で見つけた好みの家のお宅訪問記。家のイラストが凄く良い!当たり前だけど流石です。20年後に増補改訂された「Aさんの庭」にまつわる話が凄く良かった。宮崎さんの奥様が言われた「これがお父さんのやった一番良い仕事」っていうのが心に染みた。

2018/07/09

アメフトファン

トトロが棲んでいそうな東京の家を宮崎駿氏が訪ねていく。トトロの棲む家とは自然と一体化した家。今の時代では贅沢な木の温もりに包まれた家が多かった。宮崎駿氏のイラストが素敵でした。

2013/10/12

感想・レビューをもっと見る