読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自分史ときどき昭和史

自分史ときどき昭和史

自分史ときどき昭和史

作家
山藤章二
出版社
岩波書店
発売日
2014-02-21
ISBN
9784000259484
amazonで購入する

自分史ときどき昭和史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

当代一の戯れ絵師が振り返る、これまでの自分史。いわゆる“語り下ろし”かと見紛うような思いつくままの“余談”で途切れ途切れに繋がれていく語り口で、同じような形式の「ヘタウマ文化論」では、それが散漫に感じられてとてもノりにくかったのだけど、こういう内容だと、ご本人の思い出話にリアルで耳を傾けているような感じで読みやすかった。内容の濃密さ、登場する当時の文化人のゴージャスさはまさに綺羅星のごとく。読み手のわたしにもっと教養があれば(とくに落語の)、もっと楽しめただろうなあと思いました。

2014/04/16

kokada_jnet

山藤章二の作品とは、ずっと相性がよくなかった自分だが。自身の創作者としての独特性を、客観的に論じているこの本は。「あ、山藤さんって、そういう人だったのか」と、色々、腑に落ちた。、

2014/07/10

エドバーグ

自慢史だが、鼻につかないのが著者の筆力。著者がどのような軌跡で現在の境地に達したのか、素直に著されています。 興味深かった。

2020/02/24

あ。

東京生まれ、東京育ちならではの美学(粋を愛し、野暮を嫌うとか、無頼を気取り、やせ我慢するとか)に、共感出来る部分があるものの、持って生まれた才能、運や要領のよさが、決定的に違うなあと。

2018/11/13

mariko

我が家族が30代にちょっと住んだ下目黒1丁目、彼もその辺で子供時代を過ごしたらしい。 その頃の昭和とご自分史。 山藤章二の絵も文章も好き。 まだ見ていない絵が山ほどありそう。

2017/02/14

感想・レビューをもっと見る