読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女のきっぷ――逆境をしなやかに

女のきっぷ――逆境をしなやかに

女のきっぷ――逆境をしなやかに

作家
森まゆみ
出版社
岩波書店
発売日
2014-05-28
ISBN
9784000259781
amazonで購入する

女のきっぷ――逆境をしなやかに / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むぎじる

気風がいいって何だろう?ここに登場する女性たちの生き方を垣間見て、少しずつ輪郭が浮かんできた。情熱的で、奔放で、たくましくて・・・自分のやりたいことをしっかり見つめて、駆け出していける人。周りの人々は振り回されて大変だったかもしれないが、自分の人生をきっちり生きているのだから、致し方ないのかもしれない。お気に入りは、むせかえるような奔放さを発する「林芙美子」。人を惹きつけずにはおれない魅力あふれる新宿中村屋創業者「相馬黒光」。情熱的で人情家、古き良き下町の女「沢村貞子」。

2014/07/29

kuri8655

若い読者も想定してか適宜ルビを振り、平明な言葉で書かれています。「仕事を持とう」という意識が如何に女性を支え、輝かせてきたか。簡潔に纏められたハンサムウーマン列伝を元に、評伝を読んだり著作を読んだり、次の読書に繋がりそう。就活のヒントにもなりそうです。農婦作家・吉野せい、後藤新平を支えた河崎きみの章がとりわけ心に沁みました。そしてあの中勘助が溺愛した「妙子」さんが意外な人の母親だった等、驚きも沢山ありました。蓮さまの苦労などちゃちいものに見えてくる、あっぱれな生き様の数々。中・高生に読んでもらいたいな。

2014/08/01

kaoriction

『明治快女伝』その他著作と被るものもあるが、明治から平成までの世を逆境に立ち向かいつつもしなやかに自らを貫き時代を生き抜いた「きっぷ(気風)」のいい女たち17人の評伝エッセイ。ちょうど どんな人物なのか知りたいと思っていた吉野せい が収録されていたので楽しく読んだ。与謝野晶子もさらに興味が湧き掘り下げたくなった。お馴染みな顔触れである樋口一葉、宇野千代、林芙美子らに新しさはないが、読むたびに私はチカラをもらう。きっぷのいい生き方、強い心。私たち女がいまあるのは、彼女たちの前向きな生きた方によるものも多い。

2017/08/25

たな吉

きっぷのいい女が、ずらり。いさぎよさが、眩しいです。

2014/10/07

水無月

この本を読んで、初めて名前を知った人〜石井筆子、野村かつ子、河崎きみ。名前は知ってたけど詳しい事は知らなかった人〜吉野せい、ラグーザ玉、谷洋子。著者が言うところの「きっぷ」がいい生き方と私が感じた人〜ラグーザ玉、石井筆子、林きむ子、沢村貞子、淡谷のり子。

2015/06/27

感想・レビューをもっと見る