読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

講座 心理療法〈3〉心理療法とイメージ

講座 心理療法〈3〉心理療法とイメージ

講座 心理療法〈3〉心理療法とイメージ

作家
徳田 完二
田中 康裕
渡辺 雄三
織田 尚生
河合隼雄
多木浩二
出版社
岩波書店
発売日
2000-10-25
ISBN
9784000265638
amazonで購入する

講座 心理療法〈3〉心理療法とイメージ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寛生

【図書館】ユングがフロイトから独立・訣別の後、「方向喪失」により自らの「無意識に圧倒され」ながら、自らのイメージを追い求めることに葛藤し、藻掻き、苦しんみ、筆さえとることができずにいた心的危機が、現在の自分に深く響くイメージとして残る。この心的危機はしかし本質的なその後のユングを創っていくこととなる。深い本。中でも織田の論文が斬新な提案をしている。治療者自身も「傷ついた癒やし手」という観点から、その「傷つきやすさは強さともつながる」(176)ことや、癒す者は時には傷つける者でもあることなど考えさせられる。

2014/04/07

sachy

実践に入ったら理解できる事も増えてゆくと思うが、現時点では難解

2012/10/19

感想・レビューをもっと見る