読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

批評の創造性 (21世紀文学の創造 8)

批評の創造性 (21世紀文学の創造 8)

批評の創造性 (21世紀文学の創造 8)

作家
池澤夏樹
高橋康也
出版社
岩波書店
発売日
2002-02-05
ISBN
9784000267083
amazonで購入する

批評の創造性 (21世紀文学の創造 8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

harass

このアンソロジーから、若島正『電子テキストと『ロリータ』』のみを読む。ナボコフが「ロリータ」に仕掛けたある遊戯の一つを紹介。電子化されたテキストからわかる、普通に読んでいると読み過ごす部分を解説していく。ごく少数の分かっている読者に向けてのみへの挑戦するナボコフの遊びに舌を巻く。若島は新潮文庫版「ロリータ」の翻訳者であり、彼のナボコフ解説を知っている人にはお馴染みのもの。この解説はごく少ない分量で、若島の研究書「ロリータ・ロリータ・ロリータ」の内容とはダブっていない。興味のある人にはぜひおすすめ。

2018/01/18

感想・レビューをもっと見る