読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

表現とメディア (新編 日本のフェミニズム 7)

表現とメディア (新編 日本のフェミニズム 7)

表現とメディア (新編 日本のフェミニズム 7)

作家
天野 正子
伊藤 るり
井上 輝子
伊藤 公雄
加納 実紀代
斎藤美奈子
江原由美子
上野千鶴子
大沢 真理
出版社
岩波書店
発売日
2009-03-26
ISBN
9784000281423
amazonで購入する

表現とメディア (新編 日本のフェミニズム 7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

内島菫

フェミニズムは自分の考え方とそぐわないと思っていた原因が、フェミニズムそのものではなくそれを報じるマスコミや多数の受け手の態度や視点にあったことが分かった。彼らは、アメリカのウーマン・リブ運動(1970年)の報道から男対女、女の仕掛けた戦争というイメージ・枠組みを作り上げるのみで、フェミニズムが真に問題としていることを伝えていなかった。それは、世の中で起きていることを隠し歪めるいつものマスの原理だ。

2017/01/05

わをん

an・an、non・no以前はデパートなどで、子供服、大人の女性用の服の売り場はあったが、その中間である少女のための売り場がなかったことが面白いと思いました。

2011/09/13

感想・レビューをもっと見る