読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

加藤周一自選集〈3〉1960‐1966

加藤周一自選集〈3〉1960‐1966

加藤周一自選集〈3〉1960‐1966

作家
加藤周一
出版社
岩波書店
発売日
2009-11-26
ISBN
9784000283434
amazonで購入する

加藤周一自選集〈3〉1960‐1966 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KUMA0504

編者の鷲巣力氏はこの中の特に「三題噺」が加藤周一の大きな転換点だったと述べる。「研究者や文学者・思想家が自らの「核」をつくりあげるとき、研究対象に向かって没頭できる時間と空間が必要である」それが加藤にとってコロンビア大学だったらしい。「三題噺」にはひとつには、加藤のありえたかもしれない自分の三つの側面が書かれている。それは「羊の歌」を準備しただろう。ひとつは、文学史研究の「定点」を築き上げる上で「橋頭堡」になったことで、それは「日本文学史序説」を準備した。ひとつは、ここにいたって、加藤の文体が完成する。「

2010/03/15

感想・レビューをもっと見る