読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪の哲学ノート (岩波人文書セレクション)

悪の哲学ノート (岩波人文書セレクション)

悪の哲学ノート (岩波人文書セレクション)

作家
中村雄二郎
出版社
岩波書店
発売日
2012-10-24
ISBN
9784000285513
amazonで購入する

悪の哲学ノート (岩波人文書セレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

『臨床の知とは何か』で既知の著者による本。シロアリはゴキブリから分化(6ページ)。如何にも生命力の強い人類には厄介な存在。善は同一だが悪は個性的(8ページ)。「自殺という行為は、不条理に対する人間の最後の手段」(72ページ)。にもかかわらず、昨今も経済苦で孫を殺害する祖父。居た堪れない。民俗の理解ではケの日常態(101ページ)。ハレでは理解できない部分を重視。ケ→ケガレ→ハレ→ケの循環(102ページ)。苦痛と恐怖を克服することこそ人間の真の課題(164ページ)。東大話法を使って嘘をつく人に読んでほしいな。

2013/01/16

感想・レビューをもっと見る