読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

The Lyrics 1974-2012

The Lyrics 1974-2012

The Lyrics 1974-2012

作家
ボブ・ディラン
佐藤良明
出版社
岩波書店
発売日
2020-03-29
ISBN
9784000614009
amazonで購入する

The Lyrics 1974-2012 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lily

ボブディランでさえ巷のアーティスト同様に恋愛依存症から抜け出せない詩を飽きもせず繰り返し綴る。懶いから燦として輝く憧憬へと。でも君はそのような詩を泡沫のシャーデンフロイデと見ているようだ。それでもいい。できるだけ長い時間一緒にいたいなんて幼稚な言葉は呑み込んで月1会えれば万々歳とするような未来型恋愛形を創ろう。君の5w1hはさっぱり不透明だが何も問題ない。僕の所有物でもあるまい。自由でいてくれ。その代わりに君を前にすれば全力投球で心と躰を絡ませて欲しい。メビウスの輪にように。今だけは漲る愛を無限を刻もう。

2020/11/21

ぽてち

ボブ・ディラン全訳。ノーベル賞とった時から気になってて、図書館で見つけたから読んでみた。辞書かと思うくらいの分厚さで、思いきって片っ端から読み切ったら、自分至上最高に求めていた言葉に出会えた。読む価値あったなー。社会問題的なものもあって理解不十分なところもあるけど、信仰の極致、愛の極致を堪能しました。前編も読むぞ。

2022/04/29

ロビン

フォークの、あるいはロックの神さまと呼ばれるボブ・ディランの1974-2012の詩業を収録した下巻。相変わらず多彩なテーマとスタイルだが1980年にリリースされたアルバム「セイヴド」では真摯な信仰心が前面に出ており、ここまで真剣な信仰を抱いている人だとは知らなかったので驚かされた。ただ、フォークからロックに転身するなど変化の大きなアーティストなだけに、リリース当時の社会状況やディランの置かれていた環境や心境などは全く解説がなく分からないのは厳しく、気になるところは自分で調べる必要があるのが難点かと思う。

2020/12/01

KDS

プロテスト・ソングに傾倒した60年代、ラブソングを数多く発表した70年代を経て、本書に収録されているのはそこから現在まで実に40年もの長きに渡って綴られてきた珠玉の作品群。1963年「時代は変わる」で「口を挟むのはやめてくれ。あんたの道は年老いたんだ。時代が変わっているんだからさ」と歌っていたディランが、2000年の「シングス・ハヴ・チェンジド」では「人は狂態、時代は異様。おれは圏外、世の中すっかり変わったもんだ」と歌っているのに、なんだか時の流れを痛感させられたりもする。だけどまだまだ現役のディラン様。

2022/02/03

yoshi

図書館の書棚で偶然見つけたものだから1961-1973より先にこちらを借りてしまった。1974-2012のアルバムのうち、前2作品、後半5作品ほどは聴いたことがあるので、曲が聞こえてきそう。80年代はこんなにキリスト教の信仰に寄ったストレートな作詞だったのは知らなかったな。全編通していくつか気になったフレーズを計11曲の中からピックアップして書き写しておいた。しかし、誤解を恐れずに言うなら、ディランの詩世界を理解して堪能できたとはまったく言えないな。

2021/02/10

感想・レビューをもっと見る