読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

作家
デヴィッド・グレーバー
酒井隆史
芳賀 達彦
森田 和樹
出版社
岩波書店
発売日
2020-07-30
ISBN
9784000614139
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひろき@巨人の肩

「仕事」の概念が再定義された。ブルシットジョブとは、本人もクソどうでも良いと感じている仕事で著者調査では全仕事の40%に該当。労働者を時間的道徳観念で束縛し経営封建制を維持する仕組み。各時代で支配者が権力を維持する似たような仕組みを作ったが、資本主義では「過剰な管理業務」となる。起源は「労働」とは「製品の生産」という定義の下、「勤労」を是とする倫理哲学が経済学に取り込まれ、失業率と生産性が社会のKPIとなったこと。現在、生産性は週15時間労働を実現できるまで向上されたが、人々は働くことを辞められない。

2021/07/02

徒花

まあまあ。現代社会では働いている本人がいったいなんのための仕事なのかその意義を感じられないクソみたいな仕事(ブルシット・ジョブ)がたくさんあって、そういったブルシット・ジョブは人間に悪影響を及ぼすし、社会的にも良くないんじゃないかという主張をまとめた一冊。そもそもとあるメディアに投稿された記事がめたくそバズったのでリサーチを重ねて書籍化されたらしいもので、事例が豊富だけど若干冗長に感じるところあって読むのに骨が折れた。翻訳本だから仕方ないけど、もうちょい手短にまとめられたような気もする。

2021/04/20

Willie the Wildcat

意図的vs.偶発的、あるいは任意的vs.強制的など発生源も多岐なれど、価値観と優先度を評価軸とし、ライフサイクルで評価。仕事が手段から目的に変化したことの功罪は、確かに同感。一方、BSジョブの社会的価値とその対価の論旨など、十把一絡げでの議論は、拡散と混乱となる気もする。著者が問題提起したUBIに限らず、何らかの施策がSBの代替となるかどうかは、著者の結論に同感。(堂々巡り感が本著の狙いでもあるのだが)恣意的で、尊厳を害するかどうかがBottom Lineという気がする。

2021/07/15

at-sushi@球磨焼酎飲んで応援中

何故誰もが「この仕事要らなくね?」と疑問に感じるクソ仕事が無くならず、エッセンシャルワーカーが冷遇されるのかを、人類学の視点から紐解く大著。 「クソ仕事製造機」の如きバカ上司の元でクソ仕事を処理し続け幾星霜、わかりみが深すぎる(涙)しかし対案として提唱されるUBI(ベーシックインカム)を導入したら、エッセンシャルワークや射精産業等で働きたい人なんかおるんかな?と考えるきっかけを与えてくれる。

2021/08/21

ケイトKATE

「クソどうでもいい仕事」と訳された刺激的な一冊である。「ブルシット・ジョブ」とは「仕事している本人が無意味で、不必要で、やりがいを感じない仕事」を指している。しかも「ブルシット・ジョブ」に従事している本人が、給料はいいが後ろめたさや嫌悪感を抱いている。この「ブルシット・ジョブ」が日本をはじめ、資本主義の国が「ブルシット・ジョブ」で溢れていることに気付かされる。今後、社会は「ブルシット・ジョブ」ばかり作り出す形態を解消するのはもちろんだが、私たち自身が人生に有意義に感じるものを見出していく必要がある。

2020/08/30

感想・レビューをもっと見る