読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

芥川龍之介全集〈第14巻〉玄鶴山房・河童

芥川龍之介全集〈第14巻〉玄鶴山房・河童

芥川龍之介全集〈第14巻〉玄鶴山房・河童

作家
芥川龍之介
出版社
岩波書店
発売日
2008-02-08
ISBN
9784000919845
amazonで購入する

芥川龍之介全集〈第14巻〉玄鶴山房・河童 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

河童 海外の読者からみて、芥川作品の中で一番評価が高いそうです。それは本作がSFだからでしょう。SFのひとつの役割は、現実世界とは異なる状況において、個人や家族、社会などがどの様に変化するのか、それが我々の未来の姿を描き出す思考実験になるからです。河童は人間のようにお産をしますが、【父親は電話でもかけるように母親の生殖器に口をつけ、「お前はこの世界へ生まれて来るかどうか、よく考えた上で返事をしろ。」と大きな声で尋ねるのです。】本作が発表された昭和2年に、中絶と子供の人格や人権の問題を提示しています。

2016/12/01

Tsukasa Ganaha

「最も仕事に熱中されたのは『行人』の時と『明暗』の時で、朝の九時頃から午後の六時頃までぶつ通しかかれたこともめずらしくなかった」「ある人が先生に、先生のような方でも女にほれるようなことがありますかと聞くと、先生はしばらく無言でその人をにらめつけていたが、あばただと思って馬鹿にするなといっていた」(『夏目先生の話』)「志賀さんのああ云う文章がどうすれば書けるんでしょうと言ったら、先生は文章を書こうと思わずに思うまま書くからああいう風に書けるんだとおっしゃった。俺もああは書けないと言われた」(『夏目先生』)

2016/06/08

感想・レビューをもっと見る