読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)

作家
ミヒャエル・エンデ
三島憲一
丘沢 静也
出版社
岩波書店
発売日
2002-09-18
ISBN
9784000920568
amazonで購入する

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

1989年初出。 実際は1985年2月8日に アルゲンタール自由市民カレッジで 語りあう(11頁)。 ボイス曰く、 「だれもが芸術家」 と言うときは、社会という芸術の意味 なんだよ(20頁)。 また、曰く、 「交換の経済から、能力の経済へ、 いいかえれば創造力の経済に 移行している」(25頁)。 これは、創造的社会という、 現代の創造都市、創造農村の 理論的基礎を指摘していると思う。 また、ボイス曰く、 「芸術」という概念がいやなら、造形 という概念を採用してくれたまえ(47頁)。  

2014/06/11

iwri

4回目くらい。二人の議論の重要な核はシュタイナーの「自由の哲学」にある。エンデは、道徳的想像力に力点をおき、ボイスは自由に力点をおく。一方、社会問題では、エンデは意識(内面)に力点をおき、ボイスは制度(外面)に力点をおく。つまり、二人の大きな差異は基本的にはどこに力点を置くかという問題である。あえていえば、エンデは現実的であり、ボイスは将来獲得されるであろうものを既に前提している、ここに噛み合わなさが生まれていると感じた。個人的な印象では、ボイスは人智学的世界観を無造作に使いすぎている気はする。

2011/10/14

ROBART

非常に示唆的であり、重厚かつ難解。この対話について考えることは行動すること。

2011/04/15

xin

エンデ「……創造的であるというのは、要するに、人間的であるということに他ならない。それが、つまり、創造的でありうるということが、人間を動物から区別するものなんです。」p19

2013/02/12

れむ

対話形式。専門用語ぽろぽろあるけど読んでてそれなりには理解できる。

2012/12/24

感想・レビューをもっと見る