読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

第2巻 普請中・鶏 ほか (鴎外外近代小説集)

第2巻 普請中・鶏 ほか (鴎外外近代小説集)

第2巻 普請中・鶏 ほか (鴎外外近代小説集)

作家
森鴎外
出版社
岩波書店
発売日
2012-12-06
ISBN
9784000927321
amazonで購入する

第2巻 普請中・鶏 ほか (鴎外外近代小説集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウイロウ

『涓滴』『烟塵』という二つの作品集を丸ごと収録。ほぼ全ての作が明治四二、三年初出だが、最後の「そめちがへ」のみずっと早い三〇年に発表されており、雅俗折衷文で花柳界を描いた内容も本巻にあって異色。全体としては「ル・パルナス・アンビユラン」「フアスチエス」「沈黙の塔」など当時の文学状況を鋭く風刺したものが目立つ。しかしそれらにも増して印象深かったのは、幼児二人をめぐる作者の実体験に取材した「金毘羅」である。ニヒリズムに陥った主人公さえも驚嘆させる、瀕死の娘茉莉(作中では百合)の体内に蠢くいのちの力。感動した。

2016/05/23

感想・レビューをもっと見る