読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小品 (定本 漱石全集 第12巻)

小品 (定本 漱石全集 第12巻)

小品 (定本 漱石全集 第12巻)

作家
夏目漱石
出版社
岩波書店
発売日
2017-09-09
ISBN
9784000928328
amazonで購入する

小品 (定本 漱石全集 第12巻) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

漱石と言えば、どうしても長編の作家という印象が強い。けれど、全集12巻に収録された22編の小品を読んでいると、そこにも漱石を感じ取ることができる。あたりまえのことなのだろうが。「文鳥」や「夢十夜」といった小説は、再読ということもあり、発見は少なかったものの、多くの随筆に関しては、とても興味深く、何よりもおもしろく読むことができた。イギリス留学中に正岡子規に送った手紙を元にした「倫敦消息」には、こんな記述がある。「先づ往来に出て見ると、会ふものもみんな脊が高くて立派な顔ばかりしてゐる。(つづく)

2017/12/27

感想・レビューをもっと見る