読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オオカミに冬なし―グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語

オオカミに冬なし―グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語

オオカミに冬なし―グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語

作家
クルト・リュートゲン
K.J.ブリッシュ
中野重治
出版社
岩波書店
発売日
1964-04-12
ISBN
9784001108187
amazonで購入する

オオカミに冬なし―グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケニオミ

日経新聞で池澤夏樹氏が紹介していた一冊です。冬が早く来てしまったアラスカで雪に閉じ込められた捕鯨船乗組員(?)。大統領から救助の要請が出ているにもかかわらず、身の危険を感じ、誰もが救助に出向くことを断る中、食料を運ぶことにした一人の船乗りのお話です。彼の熱意に賛同(感動)して途中で少しずつ協力者が現れるようになります。さて、閉じ込められた人達が餓死してしまう前に、食料を届けることができるのでしょうか?子供向けの本ですが、自分の命の危険を顧みず、見ず知らずの人のために働く。感動しました。お薦めします。

2020/11/07

カラスノエンドウ

アラスカの氷に閉じこめられた船員275名の救出に、名乗りを上げたジャーヴィス。襲いかかる苦難にも決して負けない彼の信念の強さ。そんな彼を突き動した先人、エスキモー=ジョーの勇気と行動。他人の命を守るため、極寒の地を進む彼らの姿が心に刻まれました。これは実際にあった出来事だそうです。自然の厳しさと気高く尊い人間の物語。読後の余韻が今も残っています。

2021/01/30

kikiみみ

舵取りとして過ごしているジャーヴィスは北極で遭難した船乗り達を助る為、壮絶な旅に向かう。彼に賛同した若い医師、マッカレンにジャーヴィスは自分の事を語り始めるのだが…その話が実話を元にした凄い話ばかり。自然と共に生きることに誇りを持つエスキモー·ジョーの気高く潔いい話だけでも読む価値があった。冒険に惹かれる若いジャーヴィスが出会ったもう一つの旅は彼に暗い影を落とすが人としての成長も与える。旅を終えたマッカレンは自分の進む道を見つける。単なる冒険物語では済まない深い内容だった。だけど…あぁ、疲れたわ。

ぱせり

暗い、冷たい、広大な土地の上で、何を成し遂げ、何に負け、何を諦めたのか。その時、その先には、何もないのか。何かがあるのか。一人一人の人間がより鮮明な浮彫になってくるようだ。物語は、容赦ない。厳しい。だけど、それでも(それだから?)くっきりと立ち上がってくるのは人間への信頼、希望。

2021/06/23

ガジュマル

極限ともいえる厳しい自然の中、人間の本質が鋭く描かれていて、人生をどう生きるかを深く問い掛けてくる作品。エスキモーのジョーに感動しつつ、ジャーヴィスと共に北極の旅へいざなわれ、様々なことを思う。やぁー貴重な体験だったぁ~。訳の独特な言い回しに慣れるまで多少時間がかかったものの、徐々にその良さがじわじわと。面白かった。児童文学ではなくむしろとりわけ主人公のような40、50代にお勧めか。

2018/10/07

感想・レビューをもっと見る