読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

よるのいえ (大型絵本)

よるのいえ (大型絵本)

よるのいえ (大型絵本)

作家
スーザン・マリー・スワンソン
ベス・クロムス
谷川俊太郎
出版社
岩波書店
発売日
2010-11-06
ISBN
9784001112207
amazonで購入する

よるのいえ (大型絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

これは夜の物語。そこには、特別なものは何もない。いつも少女の側にあるものだけが置かれている。家の鍵、明かり、ベッド、絵本…。夜の闇に彩られた世界には、キーワードとなる物が黄色に色づく。ひとつの物、言葉から、別のものが生まれ、別の流れへと繋がっていく。一見すると、無関係にみえる事柄も、繋がり、影響していくのかもしれない。これは少女の想像なのかもしれない。現実には起こりえないことなのかもしれない。でも、もしかしたら…。これはみんなの夜の家でも起こりうる出来事なのかもしれない。そんな気持ちにさせられるのです。

2016/07/05

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

マザーグースに着想を得た詩の絵本。あとがきによると、1955年に発行された『オックスフォード版わらべうたの本』に収録されている『おうこくのかぎ』という詩が原典になっているようです。絵は版画なのかな……白と黒を基調に光を示す黄色のアクセント。夜には見えないはずの太陽が描かれているのがユニーク。夜でも月を通じて太陽の光は注ぎ、部屋のなかは光に溢れているという詩です。翻訳を手がけた谷川俊太郎さんは原典の『おうこくのかぎ』(マザーグース3)の訳も行っているとのこと。2009年度のコールデコット賞受賞作。

2014/11/15

鱒子

図書館本。繰り返しのフレーズがシンプルな絵本。これがくどくなるとノミのピコになるのでしょう(^^;; モノトーンのなかの黄色が効果的。夜 子供が寝る前に読んであげたい絵本です。

2018/04/20

Willie the Wildcat

一冊の本。月や太陽の光の下、空を駆け巡る・・・。1つ1つを繋げるための”鍵”。積み重なる・・・。自然の恵みと、恵みへの感謝なのかもしれない、絵は、版画調。光と影。生き物とぬいぐるみが、あたかも主人公を支えている雰囲気。幻想的で、心静かな読後感。

2014/01/19

Rosemary*

【児童書・絵本で寄付しましょう】参加中。黒と白の版画の絵本に朱色がよく映えている。幻想的な雰囲気のなか、家の鍵がキーポイントとなっている。本の中の鳥とともに旅をする様子が韻を踏むリズム感とともにワクワク伝わります。

2014/06/10

感想・レビューをもっと見る