読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

氷の花たば (岩波少年文庫 (2133))

氷の花たば (岩波少年文庫 (2133))

氷の花たば (岩波少年文庫 (2133))

作家
アリソン・アトリー
フィリップ・ヘップワース
石井桃子
中川李枝子
出版社
岩波書店
発売日
1996-10-15
ISBN
9784001121339
amazonで購入する

氷の花たば (岩波少年文庫 (2133)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

18日の5年生のブックトーク授業ように選本。『冬休みに読む長めの本』のリクエストがありました。今回は岩波少年文庫から多めに選本。『 メリー・ゴー・ラウンド / 七面鳥とガチョウ / 木こりの娘 / 妖精の船 / 氷の花たば / 麦の子 ジョン・バーリコーン 』ファンタジー♪という感じの6編。表題作の『氷の花たば』は、雪道で迷っていたトム・ワトソンを助けたお礼に、娘をよこせという話でよくある民話かな?と思ったけれど、悲惨さのないオリジナルでした。

2020/12/16

ムーミン2号

『時の旅人』のアリスン・アトリーさんの短編集。6編が収められており、いずれもどこかで聞いたような、読んだような要素から、一つの独立した物語として形成されていることが感じられる・・・そんなことより、とにかく楽しい物語集で、主人公に大変な悲劇が待ち受けているわけでもなければ、悪者が闊歩して苦しめられるような展開、というわけでもない。読み終えれば、各話とも何となく暖かい気分になれる。

2019/05/18

hanamame

図書館本。6つの短編がどれも楽しく美しい。次々引き込まれた。どの話も昔話が素材かと思われるが、そのことは訳者の石井桃子さんの後書きでも触れられている。「アリソンアトリーの作品を読んでいると、児童文学というものが、伝承文学から独立して、自我をもつ個人の創作となっていく道すじを目の前に指し示されたようなおもいがします」まさに、同じ思いだ。

2021/03/22

ブラックティー

大昔に読んでいたのだけれど、内容をまったく覚えていなかったので再読。6つのお話が収録されています。一見どこかで聞いたことのある民話風でありながら、実は作者のオリジナリティあふれるすばらしい物語ばかり!桜の花びらを縫い合わせたドレス、霜の花のブーケ、ネズミの水夫が操る妖精の船…何で忘れちゃっていたのだろう?挿絵もこの本の世界観にあっていて大変よかったです。

2011/02/26

Mimi

アリソン・アトリーの短編集、 ファンタジーな恋愛物語が多いです。 特に、″くまさん″に恋してしまう 娘さんのお話が印象的。 自分の将来のウェディングドレスについて、うっとり考えてしまう可愛い娘さん、相手はくまさん。 石井桃子さんの訳す恋愛物語の美しさ!

2021/06/12

感想・レビューをもっと見る